XHTML Primary 規格書 第3版

目次

  1. はじめに
  2. 本規格の仕様
  3. 使用出来る要素型・属性
  4. 文書型定義
  5. その他
  6. XHTML Primary を策定した理由 (新たに加筆)
  7. 変更履歴
  8. 参考文献

はじめに

理念

本規格の妥当性

本規格の仕様

基本構造

見出しの記述

ISO/IEC 15445:2000 との整合性より

その他

補遺

以上の仕様に違反した記述(見出しの出現順序も含め)がある場合、DTD的には全てinvalidとなります。

XHTML Primary の Media 型

使用出来る要素型・属性

要素型

基本構造
html
(head , body)
xmlns, lang
head
(link | meta)* , title , (link | meta)*
lang, profile
body
h1 , %block* , (h2, %block* , ...)* , (div)?
Common attributes
ヘッダ内要素
title
#PCDATA
lang
meta
EMPTY
lang, name, http-equiv, content(REQUIRED), scheme
link
EMPTY
lang, rel, rev, title, href, media
見出し要素
h1, h2, h3, h4, h5, h6
#PCDATA
Common attributes
リスト要素
ul, ol
li+
Common attributes
dl
(dt , dd*)+
Common attributes
dt
#PCDATA
Common attributes
dd, li
(Inline | Block)*
Common attributes
基本ブロック要素
p
#PCDATA
Common attributes
pre
Inline* -(img | object)
Common attributes, space
blockquote
Block*
Common attributes, cite
テーブル関聯要素
table
caption? , tr+
Common attributes, summary(REQUIRED)
tr
(th | td)+
Common attributes
th, td
(Block|Inline)* -table
Common attributes, abbr, axis, colspan, headers, rowspan, scope
caption
Inline*
Common attributes
フォーム関聯要素
form
(dl | ol | p | table | ul)+
Common Attributes, action(REQUIRED), enctype, method
label
Inline* -label
Common Attributes, accesskey, for
input
EMPTY
Common Attributes, type, name(場合によってはREQUIRED), value(場合によってはREQUIRED), checked, size, maxlength, tabindex, accesskey
textarea
#PCDATA
Common Attributes, accesskey, cols(REQUIRED), name(REQUIRED), rows(REQUIRED), tabindex
option
#PCDATA
Common Attributes, selected, value
select
option+
Common Attributes, multiple, name(REQUIRED), size, tabindex
通常ブロック要素(Block)
blockquote, li, dd, th, td, object各要素に包含し得るブロック各要素は、 基本ブロック要素(p, pre, blockquote),リスト要素(ul, ol, dl), table, form のみ。見出し要素(h1-h6)やフッダ専用要素(div, address)は含まれない。
インライン要素(Inline)
a
Inline*
Common attributes, href, charset, type, hreflang, rel, rev, accesskey, tabindex
abbr, acronym, br, cite, code, dfn, em, kbd, samp, span, strong, var
Inline*
Common attributes
img
EMPTY
src(REQUIRED), alt(REQUIRED), longdec, Common attributes
object
(Block|Inline|param|address)*
Common attributes, classid, codebase, codetype, data, declare, name, standby, tabindex, type
q
Inline*
Common attributes, cite
特殊要素
param
EMPTY
id, name(REQUIRED), type, value, valuetype
フッタ記述専用要素
div
(Block | address)*
Common attributes
address
Inline* -(img | object)
Common attributes

属性

共通属性 (Common Attributes)
lang, title, class, id

文書型定義

当サイトでは、以下のDTDを用意致しております。

XHTML Primary 1.1 (xhtml-primary11.dtd)

Modularization of XHTMLの規格に基づき、XHTML各モジュールを用いて記述し直したもの。他のXML文書に組み込んだり、他のXML文書を組み込むことが容易に行える筈です。

文書型宣言の記述方法は、以下の通りです。

<!DOCTYPE html PUBLIC "+//IDN purl.org/net/lena//DTD XHTML Primary 1.1//EN"
  "http://purl.org/net/lena/xhtml-primary11.dtd">

XHTML Primary with HTML-prefix (xhtml-primary-htmlpref.dtd)

MSIE で XHTML を扱うための DTD です。MSIE の CSS 機能では再現出来ない a, img, pre, テーブル/フォーム関聯要素に html: 接頭辞を附属させております。 DTD 読み込み時間を節約させるため、単一のファイルから構成されています。

文書型宣言の記述方法は、以下の通りです。DTD は各自お持ち帰りくださいますよう、お願い申し上げます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "+//IDN purl.org/net/lena//DTD XHTML Primary with HTML-prefix//EN"
  "xhtml-primary-htmlpref.dtd">

RELAX NG for XHTML Primary 1.1

XHTML Primary 1.1 の定義を、 RELAX NG の文法で記載したものです。数多くのモジュールから構成されており、実際の検証には全てのファイルが必要となります。

その他

XHTML Basic 1.0で記述されていたXHTML Base Architecture Module中の<?IS10744:arch xhtmlの記述を、<?IS10744 arch xhtmlと修正しました。これにより、ISO/IEC 10744:1997 の記法と、XML名前空間の記法と、いずれの規格にも準拠するようになりました。少なくとも、XML処理系でエラーになることはないはずです。

ただし、XML的にはターゲット名は<?IS10744 archではなく<?IS10744と認識されることになるため、上記の処理命令が的確に働くかどうかは、定かではありません。

XHTML Primary を策定した理由

XML 応用のための、実用に耐え得る最小限の表示体系を提供する

学習目的の HTML 規格を提供する

ISO の規格が要求される環境で XHTML を使用可能にする

他のSGML応用の基本体系として XHTML を使用可能にする

あらゆる環境における User Agent で的確に処理出来る XHTML を提供する

変更履歴

2003-02-08

2002-08-31

2002-07-24

ISO/IEC 15445:2000 では object 要素に archive 属性が存在しないため、XHTML Primary でも削除した。

2002-06-16

%divn.contenthn 各要素 の関係を、 ISO/IEC 15445:2000 の Pre-HTML と同じになるよう、 DTD の記述を変更した (文書インスタンスの記述には影響無し)。

2002-04-28

DTD の公開識別子を、 +//IDN purl.org/net/lena に変更。

2002-04-26

XHTML Primary 1.1 のスキーマとして、 RELAX NG を採用。

2002-04-15 (第二版作成)

2002-03-21

インライン要素にspan, brを導入し、br は address 要素内限定とした (XHTML Family の必須条件より)。

2002-03-15

モジュールを利用した XHTML Primary 1.1 を公開。

2002-03-13

見出し直後に記述する実体参照を、%hn.content から %divn.content とした(ISO/IEC 15445 との整合性より)。

2002-03-12

非モジュール型 XHTML Primary 1.0 を公開。

参考文献